税務調査対策

税理士事務所に相続税の相談をする場合には、税務調査対策をしっかりと行っているような税理士事務所を選ぶことがおすすめです。税務調査とは、提出した相続関連の書類に怪しい部分があるために、税務署職員がわざわざ現地に出向いて調査をするものです。相続税の申告の20パーセント程度に税務調査を行っていますので、自分は大丈夫だと楽観視することはできません。

さらに、この税務調査の恐ろしい所が、税務調査を受けた案件のおよそ80パーセントの方が申告漏れとして追徴課税のペナルティーを受けているのです。この追徴課税は、非常に大きなペナルティーとなり、最大で40パーセントの金額を再度納めなければいけなくなってしまいます。

税金税理士事務所の中には、色々な相続税相談を受けることによって、追徴課税を避ける方法を熟知しているところもあります。そういった税理士事務所に依頼することによって、追徴課税を避けることができるのです。追徴課税は、特に預貯金の申告が漏れている時に多いペナルティーですので、しっかりと過去に戻って通帳をしっかりと確認してくれる税理士がいる所を選ぶのがおすすめです。隠したい気持ちはわかりますが、見つかると追徴課税として収める金額が大きくなりますので、注意しなければなりません。

〈推奨サイト〉ソレイユ総合ナビ