節税効果の高さ

相続相談をされる方の中には、不動産が絡んでくるものが多くあります。不動産が絡んでくる案件は、納める相続税の額も大きくなりますので、どうしても個人では手に負えず税理士に相続相談をする方が多いです。しかし、ここで改めて理解して頂きたいのが、相続税の総額は、税理士の知識やテクニックによって大きく差がでてしまうということです。

土地の評価額特に不動産関係で、大きな差になってしまうのが土地の評価です。土地の評価額は、決まった計算方法があるのですが、色々な増減ポイントが設定されていますので、いかに土地の評価額を下げられるかによって、税金の額が変わってくるのです。例えば、土地の日当たりの悪い場合や、土地の形が四角形ではなくいびつになっている、土地の中に高低差があるような場合には、土地の価格が下がる要因になります。

他にも私道にしか面していない土地や、新たに建物を建築することが難しいような土地で、一般的な土地の用途では使用できないようなものなどは、かなり価値を下げることができます。一般的な税理士事務所の場合には、書類しかチェックしていませんが、やる気あって信頼のできる税理士事務所の場合には、パソコンで航空写真を調べるなど、実際に現場に行って、どこか価値を下げることができるポイントはないのかなど、しっかりとチェックしてくれます。

税務調査対策